近年多くなっている病気

男性医師

昔に比べて多くなっているうつ病は、原因が明確ではないのですが心的要因が絡んでいる可能性が高いと考えられます。そのため、ストレスを溜め込んでしまう人はうつ病になりやすいのですがその他にも遺伝が関係しているケースもあるのです。うつ病の原因には様々なものが挙げられますが主に脳が原因になっていることが多く、精神科や心療内科を受診して診断してもらうことが望ましいと考えられます。うつ病を発症すると気力が低下してしまい、何に対してもやる気を感じなくなってしまう他、全てをマイナスに捉えてしまうなどが挙げられます。また、身体にも影響を及ぼしてしまい睡眠障害を引き起こしてしまう他にも頭痛や体重が急激に現象してしまうなど様々な身体症状が現れてしまいます。

精神科と心療内科は名前が似ているのですが実は違う診療科となっており、うつ病に関しては精神科で治療を行なっていきます。心療内科の場合は主に心身症などの症状をメインに受診しますがメンタルクリニックのように両方を扱う医療機関も存在するのでどちらを受診して良いのか悩む必要はありません。メンタルクリニックではうつ病や心身症などの症状を診察してもらうことが出来る他にも、光トポグラフィー検査を利用することが出来るので自分の病気を明確に診断してもらうことが出来ます。また、メンタルクリニックによっては磁気刺激治療を行なっているところもあり、磁気を使用して脳に働きかけることで低下した機能を元に戻すことができ、治療を行なうという方法になっています。磁気治療以外にも電気けいれん療法や薬を用いて治療する方法などもありますが、副作用があるため人によっては副作用が辛く、挫折してしまう人もいるのです。しかし、磁気治療の場合は電気けいれん療法や薬を用いた治療とは違い、副作用がないので安心して治療に挑むことが出来ると考えられます。